トップページ > SFA・CRM製品紹介 > リード管理・見込客管理(CRM) > SFA連携

リード管理・見込客管理(CRM)「顧客創造Approach」:SFA連携

リード管理・見込客管理(CRM)(顧客創造Approach)

「顧客創造日報シリーズ」と連携して、見込客や見込案件を溜め込みます。顧客の情報を蓄積する「ターゲットダム」を作って営業活動に善循環を生み出し、営業部門を支援するシステムです。

SFA連携

見込度が上がり、商談が具体化した引合客のデータをSFA側に転送し、営業担当者に引き継ぐことが可能です。
引合情報と案件情報(※)の連携によって、引き継いだ見込客の商談進捗状況をマーケティングフェーズからセールスフェーズまで一元管理できます。
(※)案件情報との連携をするには別途、顧客創造日報(含むType-R)、顧客深耕日報案件創造統合、顧客深耕日報Type-Rをご購入頂く必要があります。

SFA連携

見込度合いが上がり、商談が具体化した引合客のデータをSFAに転送し、営業担当者に引き継ぐことが可能です。

引合客(会社情報)データのSFA転送引合客(会社情報)データのSFA転送

SFA案件情報との連携

引合情報と案件情報(※)を関連付けることにより、ある引合 A が最終的にどうなったのか、受注したのか失注したのか等引合創出活動がどれだけの成果に結び付いたのかが見えるようになります。
(※)案件項目を出すには別途、顧客創造日報(含むType-R)、顧客深耕日報案件創造統合、顧客深耕日報Type-Rをご購入頂く必要があります。また、案件情報と紐付いていないイベントについても、案件情報の項目は出てきません。

SFA案件情報との連携SFA案件情報との連携

「顧客創造Approach」のポイント

バラバラになりがちなマーケティングと顧客との対面営業をダイレクトに結びつけ、双方の価値を高めて、より効率的にビジネスを推進することが可能です。自社のベストシナリオに沿った新規開拓から優良顧客化までの一連のアクションがシステマチックに流れて行くようになるため、営業部門の稼働率も飛躍的にアップさせることができます。

機能一覧

イベント管理 類似顧客統合機能
引合管理 イエローカード機能
引合分析 SFA連携機能
イベント分析 メール配信機能
コスト分析 メールテンプレート作成機能
顧客管理 郵便番号自動セット機能
お客様情報管理 ジャーナル機能
コメント入力 イベント統合機能
類似顧客自動検索機能 ターゲットリスト機能

リード管理・見込客管理(CRM)は、このような企業におすすめです。

  • 最小の人数で、最大の営業効果を実現させたい。
  • ITの力で、営業そのものを半自動化したい。
  • 見込みの低いお客様へは、何もしていない。
  • 新商品・サービスや各種セミナーの情報は、なるべく早くお知らせしたい。
  • 効率よく、自社の商圏を拡大させたい。
顧客管理(CRM)の製品デモはこちらからご覧下さい。
Copyright(C) NI Consulting CO.,LTD. All Rights Reserved.