トップページ > SFA・CRM営業力強化機能 > フリーフォーム機能

SFA・CRM営業力強化機能 「フリーフォーム機能」

フリーフォーム機能

SFA(顧客日報シリーズ)内のデータと連携するデータベースを自由に設計することができる機能です。
顧客情報、名刺情報、案件情報、商談情報などと連携させて、自由に入力フォームを作成できます。

自由設計のフォームで情報を共有・管理

フリーフォーム

フリーフォーム機能で自由に入力フォームを作成し、情報を登録することによって簡単に検索して引き出すことができ、他の社員とも情報を共有することができます。

フリーフォーム活用例

フリーフォーム機能を利用した、営業力強化の活用例を紹介していきます。

データを商談情報に紐付けて、商談履歴を強化

フリーフォームは登録したデータを商談情報に紐付けることができます。
商談を行った物件情報などを登録して紐付けることによって、より詳細な商談の履歴を残すことができます。

商談情報に紐付け

データを顧客情報に紐付けて、様々な情報を蓄積

顧客情報に紐付け

フリーフォームは顧客情報と紐付けて情報を登録できます。
お客様に記入いただいたアンケートやなどを登録して紐付けることによって、顧客情報画面から一覧で表示することが可能になります。

外出中にスマートフォンからでも閲覧可能

フリーフォーム機能はスマートフォン(モバイル版)からでも閲覧が可能です。
このフリーフォーム機能で情報を管理することによって、外出中でも知りたい情報を表示させることができますので、外出先での急な商談依頼にも正確な情報で対応することができます。

スマートフォン(モバイル版)で閲覧

作成したデータベースに閲覧制限をかけることができる

フリーフォーム機能では登録したデータベースに閲覧制限を設定することができます。閲覧制限とは登録した情報に対して、閲覧できる社員を限定する仕組みのことです。 この閲覧制限によって、必要な社員にだけ情報を共有することができます。

閲覧制限

貴社の基幹システムとのデータ連携ができる

フリーフォームは他システムとのデータ送信、データ受信が可能です。API連携機能を利用することで貴社システムとデータの同期なども設定によって可能になります。

データ連携
Copyright(C) NI Consulting CO.,LTD. All Rights Reserved.