トップページ > SFA・CRM製品紹介 > ルート案件併用型営業支援システム(SFA) > 受注(売上)先行管理

受注(売上)先行管理

顧客深耕日報 案件創造統合 for WEB

ルート案件併用型営業支援システム
ルート営業を中心としながら時として案件管理が必要な企業様や、ルート営業と案件営業が並存する企業様向けに、ルート営業向けの顧客深耕日報に顧客創造日報の持つ案件管理機能を統合することができるのが案件創造統合版です。ルート営業向けの基本機能に加え、案件先行管理や進捗チェック、各種案件分析が可能になります。

受注(売上)先行管理

案件情報として受注(売上)予定金額、受注(売上)予定日、受注確度を入力すると、自動的に先行管理画面に登録案件が整理され、先々の受注や売上の管理が容易にできるようになります。
日々の商談によって刻々と変化する案件の見込状況がタイムリーに先行管理画面に「見える化」されますので、集計の手間もかからず、スピーディーなマネジメントを実現します。
月に一度、週に一度の会議やミーティング用に、見込表などを作成しても、次の日には見込みが崩れていってしまいます。受注(売上)先行管理機能は、常にアップデートされた最新の情報に基づく先行管理ですから、実態に即した対策が打てるようになります。

先行管理(達成率表示なし)

受注予想、売上予想のシミュレーションも可能

受注確度ごとに予想パーセンテージを設定して、受注予想、売上予想のシミュレーションを行なうこともできます。確度によって集計することもできますので、確度Aまででいくら、確度Bまでではいくら、という具合に絞り込んで、売上対策を練ることも簡単にできます。

先行管理(達成率表示あり)

先行管理から気になった案件は詳細にチェック可能

先行管理画面に表示された個別案件は、その内容を詳細にチェックし、商談プロセスをさかのぼって見ることが可能です。現在の最新状況だけでなく、そこに至る経緯も「見える化」されますので、どういう対策を打てば良いのかなど具体的なアクションを考えるのに有効です。
商談進捗推移を見ることも可能ですので、滞留している案件などを見つけ出したり、重要進捗度の漏れなどに気付いたりすることもできます。
営業会議などで、投影し、その場で議論したりするのにも便利な機能が、受注(売上)先行管理機能です。

先行管理先行管理

案件ルート併用営業向け 営業支援(SFA)の主な機能一覧

訪問管理、競合情報、商品情報などルート営業管理に、案件先行管理や進捗チェック、各種案件分析などの案件管理機能を付加したルート営業・案件営業の統合型SFAです。
各営業担当者が追いかけている商談案件は、日々の日報から常にアップデートされますので、最新の情報をキャッチできます。埋没しがちなネタレベルの案件も、これでアプローチモレを防ぐことが可能となります。

業務とのバランスも考慮して1 ヶ月間の訪問計画を立案することができる機能です。

一日の商談や業務内容が一覧で見える機能です。

顧客に関する情報を一元管理する機能です。

名刺(パーソン単位)に関する情報を管理する機能です。

日々の商談活動内容を報告したり、過去の商談内容を確認したり、共有する機能です。

商談の中で発生した引合情報(案件・物件)の進捗や確度を管理する機能です。

営業のアプローチ時期や業務のヌケ・モレを知らせてくれる機能です。

売上推移、売上実績と予算との差額などを管理する機能です。

営業のアプローチ時期や業務のヌケ・モレを知らせてくれる機能です。

案件の受注に至るまでのプロセス(ナレッジ)を共有する機能です。

競合企業の動きや競合した顧客先の情報を管理する機能です。

お客様からの自社商品への評価・反応などの情報を管理する機能です。

資料作成などやらなければならない事、忘れてはいけない事を管理する機能です。

日報を始めとする登録された各種情報に対して、コメントを入力する機能です。

組織として有効な活動や、重点活動を実施した等、できている仕事を評価する機能です。

仕事の成果ごとに上司が賞賛のコメントを入れ社員が「心の栄養」を受取る機能です。

ターゲットを絞り込み効率的かつ効果的な営業活動を行うためのリスト管理機能です。

お客様の必要に応じて最適なフォームを自由に設計できる機能です。


製品比較表

製品名 タイプ 顧客管理
日報管理
案件管理 訪問管理 納入機器
管理
アシスタント
オプション
案件営業型    
ルート営業型    
ルート案件併用型  
リピートサイクル
営業型
 
Copyright(C) NI Consulting CO.,LTD. All Rights Reserved.